テクニカルインフォメーション

YMC-Triart C18を用いたアルカリ性条件での鎮痒消炎薬の分析

HPLC分析において、イオン性化合物の保持やピーク形状は移動相pHによって大きく変化します。YMC-Triart C18は有機シリカハイブリッド基材に緻密な表面修飾を施しているため、耐久性に優れ、移動相pHやカラム温度について幅広い条件で使用可能です。このため通常のC18では使用困難な高pH条件を含めた広範囲な移動相条件から最適な条件を選択することができます。
ここでは、YMC-Triart C18を用いた市販鎮痒消炎薬の分析メソッド開発例をご紹介します。

グラジエント条件での移動相pHの選択

有効成分として右の3種の化合物を含む市販鎮痒消炎薬の分析において、移動相のpHを酸性・中性・アルカリ性で比較検討しました。酸性(pH 2.9)および中性(pH 6.1)条件では、ピーク形状不良や製剤添加物由来のピークとの分離不良が認められましたが、pH 9.6のアルカリ性条件では分離・ピーク形状ともに良好でした。

Sample
50% acetonitrile extract of a commercially available anti-itch medication

Column YMC-Triart C18 (3 µm, 12 nm)
150 X 4.6 mmI.D.
Eluent A) 10 mM HCOOH for pH 2.9
  10 mM HCOONH4 for pH 6.1

  10 mM HCOONH4-NH3 for pH 9.6
B) acetonitrile

35-100%B (0-10 min)
Flow rate 1.0 mL/min
Temperature 37°C
Detection UV at 254 nm
Injection 10 µL

最適化条件での分析

アルカリ性移動相では、アイソクラティックでも良好なピーク形状で添加物などの他成分とも十分に分離し、短時間で分析できました。



Column YMC-Triart C18 (3 µm, 12 nm)
150 X 4.6 mmI.D.
Eluent 10 mM HCOONH4-NH3 (pH 9.6)/acetonitrile (35/65)
Flow rate 1.0 mL/min
Temperature 37°C
Detection UV at 254 nm
Injection 10 µL
,